Health ダイエット

【保存版】ダイエットにおすすめのおやつ5選【ナッツが最強】


 

・ダイエット中でもおやつが食べたいな
・おやつでダイエットを有利にしたいな
・むしろ食べたほうがいいおやつってあるの?
・いくつか知って比較したい!

こんな悩みを解決できる記事を書きました。

 

この記事を読むことで、

ダイエットにおすすめなおやつを5つ知ることができます。

自分に合ったものを選ぶことで

ダイエット中もおやつを楽しみましょう!

また、おやつの持つ効果でダイエットを有利に進めることができます。

みっくん
おやつの力で目標達成が早まるかも!?

 

この記事で紹介する内容

✅ ダイエット中もおやつを食べるべき3つの理由

✅ ダイエット中に食べてはいけないおやつ

✅ ダイエットにおすすめなおやつ5選を紹介

 

この記事を書いた人

みっくん
・1型糖尿病(IDDM)闘病歴14年目
・血糖コントロールのノウハウ豊富
・「人生の"質"を上げる」をテーマに情報発信

 

ダイエット中でもおやつを食べるべき理由【3つある】

eat

 

・ダイエット本気でやるならおやつなんて論外でしょ!
・でも小腹空くしなぁ...

ダイエット中の悩みの種のひとつは
やはり「おやつ」ですよね。

本題に入る前に、
そもそもダイエット中のおやつはアリなのか?
という疑問に答えます。

 

結論から言うと、
ダイエット中でもおやつを食べるべきです!

 

その理由を3つご紹介します。

 

ダイエットが続かなくなる

食を一切妥協せず、おやつなんて論外!
ご飯も徹底的に我慢!

こんなダイエットはキツくて続きませんよね?

 

ダイエットにおいて重要なのは
「楽しみながら」継続すること。

そのためには
計画的におやつを食べることも大切です。

 

空腹時間が長くなると太りやすい

ダイエットに本気で取り組もうとすると、

「食べない」アプローチをしがちですよね。

・食事は1日2食で我慢しよう...
・おやつもやめとこう...

実はコレ危険なんです!

 

食事回数を減らして"空腹時間"が長くなると

次の食事で栄養素を過剰に吸収します。

これにより、血糖値は爆上がりします!

 

血糖値が急上昇すると
「インスリン」が過剰分泌されますが、

インスリンには余分な糖を
「脂肪」に変える性質があるため、
体重増加の原因となります。

 

つまり、1日の総摂取カロリーが同じでも、
食事回数が多いほうがダイエットには有利です。

 

そこで活躍するのが「計画的な間食」=おやつです!

ダイエットに本気で取り組むなら、
おやつを使用しない手はありません!

 

おやつを食べないと脳の活動が低下する

こちらも血糖値に関する内容です。

 

人間の脳がエネルギー源にできるのは

血液に含まれる「ブドウ糖だけ」です。

 

食事の間隔が長く空き、

血糖値が低い状態が続くと

脳がエネルギー切れになります。

 

食後3時間を目安に血糖値が下降するため、

昼食~夕食までの6~8時間に何も食べないと

脳の活動力は著しく低下します。

これによって集中力と思考力は低下し、
仕事や家事に支障をきたします。

 

いくらダイエット中とはいえ、
仕事や家事ができなくなるのはまずいですよね。

低血糖を防ぎ、脳の活動力をキープするためにも
計画的におやつを食べるべきです。

 

更に詳しく知りたい方はこちらの記事もチェック!

関連記事
【必見!】血糖値と集中力を"陰で操る"「GI値」【最強のおやつも紹介】

続きを見る

 

みっくん
ダイエット中でもおやつは食べるべきです!

正しい知識があれば、おやつは食べていいんだね!
 

 

 

ダイエット中に食べてはいけないおやつ

fat-snack

 

おやつを食べるべき!といいましたが、

ダイエット中におすすめできないものがあります。

 

血糖値が爆上がりするものは基本的にアウトです。

血糖値が急上昇する栄養素はやはり「糖質」

また、「脂質」も時間差で血糖値が上昇するため注意です。

 

つまり、糖質と脂質を多く含むもの
ダイエット中のおやつとしておすすめできません。

 

具体例をいくつか紹介します。

✅ 菓子パン 【1食分に相当する糖質量】

✅ アイス  【糖質と脂質が意外に多い】

✅ クッキー 【実は糖質の塊!】

✅ ポテトチップス 【とんでもない脂質量】

 

みっくん
他にもたくさんありますが、
基本的に糖質と脂質が多いものはNGです。

 

 

ダイエットにおすすめのおやつ5選【ナッツが最強】

nuts

 

お待たせしました。この記事の本題です。

ダイエット中におすすめのおやつを5つ紹介します。

 

5つとも共通して
「低糖質・低GI」かつ付加価値があるものを紹介します。

(※低GI=食後血糖値が緩やかに上昇)

 

食べるタイミングは「食後3時間程度」がいいでしょう。

血糖値が低下する頃におやつを食べることで、

血糖値の回復&脳のエネルギー補給が期待できます!

 

それでは順に紹介していきます。

 

素焼きミックスナッツ

既に何度もネタバレしてますが、

「素焼きミックスナッツ」がダントツでおすすめです。

 

アーモンド、クルミ、カシューナッツ等のナッツ類は

糖質量が少なく、タンパク質を含む

「理想的な低GI食品」です!

また、亜鉛、オメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸

葉酸、ビタミン類が含まれており、

集中力・思考力を高める効果があります!

 

✅ 理想的な低GI食品

✅ 良質な油分で健康な体に!

✅ 思考力・集中力が高まる

✅ よく噛むことで満腹感が得られる

 

みっくん
まさに「最強のおやつ」です!

 

塩分の摂りすぎを避けるため、

「素焼き(無塩)」をチョイスしましょう!

 

 

「高カカオ」チョコレート

chocolate

 

ダイエットの天敵と思われがちですが、

「高カカオ」のチョコレートはダイエットに効果的です。

 

カカオ豆に含まれる「カカオポリフェノール」には

血流をサラサラにする効果があります。

これにより、脂肪を燃焼するための体内酸素量が増え

基礎代謝がアップして痩せやすい体づくりができます。

 

また、高カカオのチョコは糖質が少ないため、

血糖値が適度に上昇して集中力UPに繋がります。

 

高カカオの基準として
カカオ含有量「70%以上」のものを選びましょう。

 

みっくん
「チョコレート効果」のカカオ72%が理想的です。

 

 

果物(特にリンゴ・キウイ)

fruit

 

果物は食物繊維やビタミンなど多くの栄養素が含まれます。

また、低カロリー・低糖質低GIダイエットに効果的です。

 

特にリンゴ・キウイがおすすめです。

水溶性食物繊維が多く含まれており、

整腸作用・デトックス効果が期待できるため

ダイエットととても相性がいい果物です。

 

その他にも、みかんやグレープフルーツ・イチゴもおすすめです。

 

ただし、
缶詰入りの加工したものは甘味料が加えられており、GI値も高いため逆に太りやすくなります。

みっくん
ダイエット中のおやつとする場合は
フルーツ本来の味を楽しみましょう。

 

 

ヨーグルト(低糖またはプレーン)

yogurt

 

ヨーグルトにはダイエットはもちろん

便秘改善や美容にも適した栄養素が多く含まれます。

 

ヨーグルトに含まれる栄養素と効果

✅ 乳酸菌:善玉菌増やして腸内環境改善

👉 老廃物の排出を促し美肌効果アリ

👉 腸内環境改善による免疫力向上

✅ カルシウム:脂肪の排出を促す

✅ タンパク質:筋肉を作って基礎代謝向上

✅ ビタミンB2:脂質をエネルギーに変える

 

選ぶコツとして、加糖のものではなく
「低糖」もしくは「プレーン」のものがおすすめです。

みっくん
食べ過ぎは脂質の摂りすぎになります!適量を楽しみましょう。

 

 

サラダチキン

言わずと知れたコンビニの名商品ですね。

✅ コンビニで簡単に買える

✅ 糖質ほぼゼロなのに食べ応えあっておいしい

たんぱく質が豊富

 

このようにメリットが多く、

ダイエットと並行した筋トレ中の方にもオススメです!

 

 

まとめ

ダイエットにおすすめのおやつ5選

☑ 素焼きミックスナッツ【最強!】

☑ ビターチョコレート

☑ フルーツ(リンゴおすすめ)

☑ ヨーグルト

☑ サラダチキン

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

正しい知識でおやつを食べれば、

「おいしく楽しく」ダイエットに取り組むことができます。

ぜひお試しくださいね!


-Health, ダイエット

Copyright© IDDM LIFE! , 2021 All Rights Reserved.